BARを知りたくなるメディア

ウイスキーミストとは?美味しい飲み方と作り方

皆さん、ウイスキーミストってご存じでしょうか?

「ミストってなに?霧?」と、わからない方もいらっしゃると思いますが、ウイスキーミストは巷でもよく使われる言葉になりますので、この際覚えておきましょう!!

 

ウイスキーミストとは、「飲み方」の呼称です。

ではどのような飲み方をするのでしょうか?

 

今回は、そんな「飲み方」ウイスキーミストについてご紹介いたします。

ウイスキーミストとは冷たさが特徴のウイスキーの飲み方の一つ

ウイスキーミストの最大の特徴は、圧倒的な「冷たさ」です。

ロックや水割りなどと比べても、かなり冷たく仕上げており、そのためグラスに霧がつきやすくなります。

その霧が付く様から、ウイスキーミストと呼ばれます

 

また、ウイスキーミストはグラスだけではなく、当然ウイスキー自体も急速に冷やしていきます。

そのため、ロックや水割りとは全然違う口どけを感じることができ、普段よりも飲みやすくなります。

もちろんいつも自分が飲んでいるウイスキーをミストに変えても良いですが、口どけが柔らかくなることを利用して、アルコール度数の高いウイスキーを飲んでみると良いかもしれません。

 

また、見た目でとても冷えているのが良くわかるので、それだけでも『早く飲みたい』という気持ちを盛り上げてくれます。

目で楽しむことができる。それが、ウイスキーミストですね。

細かい氷を使用しているので溶けやすくて飲みやすい

また、飲み心地も良いです。

なぜならウイスキーミストは急速に冷やすために熱効率を効率よく下げやすいように氷を細かく砕いています。

 

なので、飲む際に口当たりが良い事と、氷がすぐに解け始めるため度数の高いウイスキーが薄まり、マイルドになることで飲みやすくなります!

溶けやすさで言うと、他の飲み物と比べると、『ミスト>ハイボール・水割り>ロック』というのが溶けやすさの順番です。

ウイスキーミストの美味しい飲み方

ウイスキーミストの美味しい飲み方は、まずお気に入りのグラスを用意します。

どんなグラスでも良いのですが、できれば自分のお気に入りなグラスを用意して飲んだ方が、気分も高揚して美味しく感じます。

そのグラスの中に細かく砕いたクラッシュアイスを満たします。

 

そして、そこに自分が飲みたいウイスキーをゆっくりと注ぎ込みます。

ウイスキーは急速に冷やされ、霧のような水滴がグラスを曇らせ始めますが、曇り始めたら、もう美味しいウイスキーミストができあがっています。

ブレンデットウイスキーで飲むのがおすすめ

ミストに使うウイスキーは、個性の強いシングルモルトやバーボンよりも、個性穏やかなブレンデッド・ウイスキーがおすすめです。

世の中のウイスキーの殆どが、モルトウイスキーとグレーンウイスキーを混ぜて作られたブレンデッドウイスキーとなりますので、手に入れること自体は簡単です。

 

むしろ、純粋なモルトウイスキーやグレーンウイスキーを見つける方が難しいです。

ブレンデッドウイスキーは、他のウイスキーを掛け合わせながら作ることができるので、原酒の生産量を確保しやすく、個性豊かな銘柄が多いです。

ウイスキーミストの作り方

ミスト」という飲み方は、口当たりの優しい爽やかなウイスキーの飲み方です。

見た目は上品なカクテルのようにエレガント。

細密となった氷が燦然と輝きます。

 

飲み口は涼やかで柔らかく、個性的なウイスキーの香りを際立たせます。

華やかな香りと味わいは、まるでカクテルのよう。

 

作り方の分類としてはロックスタイルなのですが、しかしその佇まい、口当たりや味わい、香りの引き立たせ方において一味違うのが「ミスト」です。

作り方①:クラッシュドアイスにする

では、具体的にもう少し踏み込んだウイスキーミストの作り方をご紹介します。

まずは、氷を砕いてクラッシュアイスを作ります。

砕き方は氷を何か集めの袋出来ればジップロックなどに入れて、されらに布やタオルでぐるぐる巻きにして板やまな板の上におきましょう。

 

そして、そのタオルや布でぐるぐる巻きになっている氷を金づちや棒で叩き自分好みに砕けるまで続けます。

ただ注意事項があります。

氷を砕く際、砕く氷がそもそも小さかった場合は上手く割ることができませんし、氷をたたいている間に溶けてしまいます。

 

できれば、大きめのブロックアイスなどがおすすめです!

また、知っている人もいると思いますが、ウイスキーにとって「氷」はとても大事なものです。

 

氷が変わればウイスキー自体の味が変わってくるため、氷選びも慎重に選んだ方がいいでしょう。

なお、自分で氷なんて割れないよという方は、アイスクラッシャーやクラッシュアイストレーなどの専用アイテムもありますので、お好みでお試しください。

作り方②:グラスを選ぶ

先ほどお気に入りのグラスが良いとお話しましたが、もう少しどのようなグラスが良いかお伝えすると、もちろんロックグラスのようなものでも良いですが、ウイスキーによっては香りが高かったり、グラスの霧を楽しみたいという方もいらっしゃると思います。

そんな方には、ワイングラスがおすすめ

ワイングラスは背が高く、香りが上に登っていきやすい性質を持っているため、ウイスキーにもってこいです。

 

また、ミストは特に香りを発するので、ワイグラスとの相性は抜群です。

また、暑いロックグラスは、熱効率が悪くなかなかミストが出てこないという弱点もあります。

霧は内外の温度差によって結露を生み出すので、基本的には「ミスト」が一番適しているのかなと思います。

 

もちろん、ロックグラスのことを否定している訳ではありません。

気分を変えたいなと思う時など、一度ワイングラスを試されてみると良いですよ。

作り方③:レモンやミントを添えてアレンジする

また、ウイスキーミストはアレンジすることもできます。

もともと爽やかな感じですが、もっともっと爽やかな感じの風味を求める方は、レモンピールを振りかけたり、レモンを入れてしまっても良いと思います。

特に夏場など清涼感を求める際は、キンキンに冷えたウイスキーとレモンの組み合わせは、爽やかな口あたりで、とても美味しいです。

 

また、より冷たさを求める場合は、シェイカーにクラッシュアイスとウイスキーを入れてシェイクしてからグラスに注いでいくという飲み方もあります。

こちらの方がより冷たく、より爽やかな味になります。

また、同じような作り方に『ミント・ジュレップ』というカクテルがあります。

 

これは、ミストに潰したミントの葉と天然数、砂糖を入れ清涼感を出す飲み方です。

清涼感を取りたい方はこちらの飲み方も試されてみるといいでしょう。

まとめ:ウイスキーミストで一風変わったウイスキーを楽しもう!

皆さん、いかがでしたでしょうか?

ウイスキーミストは、清涼感をたっぷりと味わえる美味しいウイスキーの飲み方です。

アルコール度数が高くてもウイスキーミストにしてしまえば、飲みやすく、また夏場などは特に美味しく感じるような飲み物となっています。

皆さんも是非、試してみてください。

THE BAR by
BARをもっと知りたくなるメディア『THE BAR』。みんながBARに思わず行きたくなる記事を紹介しています。BARをもっと知ってみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です